GCDS 2020年春夏メンズコレクション – マルチポップなカワイイ文化

いつもTHE SHOW ROOMをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

GCDS(ジーシーディーエス)の2020年春夏メンズコレクションが、イタリア・ミラノで発表されました。なお、ランウェイにはモデル・タレントのkemioが登場しています。

 

 

ストリートに落とし込む東京の“かわいい”文化

GCDSは常夏の楽園の中で、日本の“かわいい”を意味する“K-Hawaii”をキーワードに掲げました。
それを体現するために用いたのはマンガやアニメの文化。ヒロインの登場する“愛”をコンセプトとしたファンタジーを描いています。

 

ウィメンズでは、カワイイを表現するため、ケアベアやハローキティなどのポップなシンボルが多用されているが、メンズではジュラシックパークのモチーフが目を引いた。また、ソーシャルメディアの日常生活におけるユビキタスな存在は、文化的美学を語る上で今や欠かせないという考えのもと、フィルタリングされたエロ漫画もデザインに取り込んでいます。

アニメと並ぶのが、ネオンカラーのサイケディックなグラフィックを筆頭に、MA-1やブロークン加工のプルオーバーに用いられたミリタリーカーキなど。さらに、リッチなパイソン柄やデニムのタイダイ柄、トライバルなマルチストライプなど、ハイブリッドな東京の今を映し出すかのように多彩なファブリックが登場!

ワードローブのベースは“東京”を彷彿させるストリートシーン。デニムやオーバーサイズのロゴ入りプルオーバーなど、原宿・渋谷の若者カルチャーが浸透しています。

出展:FASHION PRESS

■セレクトショップ

THE SHOW ROOM

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。