GUCCIの幻想的なコレクション

いつもTHE SHOW ROOMをご利用いただき誠にありがとうございます。

コレクション招待状

昨シーズンパリで発表した「グッチ(GUCCI)」がホームのミラノに戻り、2019-20年秋冬コレクションを発表しました。
今回のコレクションでは、大きな木箱に入れて届けられた仮面型の招待状に始まり、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)は今季もゲストを幻想的な世界へといざなった。

その仮面型の招待状ですが、手作りの原寸大の白い仮面です。かなりリアルだったそうで、開けてびっくりとはこういうときに使う言葉ですね。

仮面の理由

仮面の理由について、プレスリリースから一部を引用します。
「仮面は隠す道具であり実態を偽るものと見なされてきた。われわれに何か信頼できないものと思わせるものとして。しかし仮面の下が真正ならば、それは自分自身についての考えを守るものとなり、自分自身が感じる自分になるための手段となる。(中略)。仮面は自分がベストと思う役を好んで演じるとき、われわれ自身というものを見せてくれる」
なんとも哲学的ですが、何となくわかると思う方は多いのではないでしょうか。この視点はファッションとは関係なく、あらゆる人に当てはまる話です。“仮面”を“SNS”に置き換えてもいいかもしれません。

さて、今シーズンの「グッチ」で印象的だったのは、ジャケット&パンツのセットアップです。オーバーサイズのボクシーなジャケットにウィメンズもタイドアップしてこれまでよりフォーマルに。激しいスパイクのアクセサリーや耳飾りを外せば、思いのほかリアルなアイテムが増えています。ストリートからフォーマルへ、トレンドの軸がシフトしつつある今季のムードをずばり表しています。

出展:DAVIDE MAESTRI / WWD (c) Fairchild Fashion Media

ショー会場はギラギラとしたシルバーの壁と強い照明に囲まれ、そのエキセントリックな空気を助長していましたが、バックステージも同様です。バックステージの壁にまでこだわるブランドは少なく、シーズンの世界観を徹底して作り上げる「グッチ」の姿勢をそこに見ます。バックステージでより素が出たモデルが着る「グッチ」は、モデル自身の仮面の下の個性も加わり、より印象に残ります。

出展: IKU KAGEYAMA

THE SHOW ROOM

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。